マタドールの日記

その時に思ってる事を自由に書いています。主に『旅行記』、『料理・グルメ』、『Apple製品・スマホ等のデジタル関連』、『ゲーム』、『ゴルフ』関連の事を書いていくつもりです!

【ゴルフ】パター上達の秘訣は「ボールラインマーカー」にあり!

こんにちは、マタドールです。

 

今回は久々にゴルフネタです。

 

 

ゴルフスコアを左右するものと言えば、ドライバーでのティーショットでしょうか?

それともアプローチショット??

色々あると思いますが、僕は断然パターだと思っています。

特にアマチュアの場合はパターの練習量を増やすだけで確実にスコアアップに繋がると言われています。

 

僕自身もショットは調子良かったのにパットで泣かされたことが多々あります・・・

 

僕の場合は距離感よりも左右のズレが多いです。

と言うことは、そもそも打ち出す方向が間違っているということです。

ラインを読んでいる時は方向性は定まっているのですが、いざ構えてみると方向性がズレてしまうんです。

ラインを読む時は正面からみていますが、打つ時は横から目標を見ることになり、かなりの誤差が出ているんだと思います。

 

ゴルフボールの矢印

ほとんどのボールには方向を定めるために矢印の役割のものが付いています。

僕が使用しているボールではこれがその矢印になります。

f:id:matador10:20190713102628j:plain

ただ、このだと正直合わせづらいんです。

ずっとこれでやってきましたが、しっくりこないんです。

 

ボールラインマーカー

そこでボールラインマーカーの登場です笑

f:id:matador10:20190713102852j:plain

f:id:matador10:20190713103750j:plain

これにボールを装着します。

f:id:matador10:20190713103731j:plain

こんな感じです。

 

で、あとは専用のペンで塗るだけです。

f:id:matador10:20190713103849j:plain

これで完成です。

ポイントは矢印だけではなく、その左右にも線があることで方向性がかなり定まります。

 

正面からラインを読んで、方向をしっかり定めてボールを置けば、あとは矢印の通りに打てば良いだけです。

とにかく矢印のラインに沿って真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す。

それのみに集中できるためパット数がかなり減りました。

 

いまだにボールを置いて構えた時に、あれ?本当にこんな方向で良いのかな??と思うことがあります。

でも正面から読んだラインを信じて打つとしっかりカップの方向に行ってくれます。

それだけ正面から見るのと、横向きで見るのでは方向性が違って見えるんです。

 

正直ボールの見た目的に格好悪い感じもしますが、スコアアップのためには必須です笑

 

専用ペン

ボールにラインを書く際は、専用のペンを使用した方が良いと思います。

僕はたまに油性マジックで書いてしまうんですが、そうするとドライバーショットした際に、ドライバーのフェース面にペンが付いてしまい取れなくなってしまいました・・・

専用ペンの場合はそう言ったリスクが減ると思いますので、出来るだけ専用ペンをオススメします。

 

まとめ

パターが苦手な方、スコアが伸びない方は是非一度試してみて下さい。

これだけでも確実にパット数減でスコアアップに繋がるはずです。

方向性さえ定まっていれば、あとは真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打ち出す練習さえすればOKなので、迷いがなく集中できますよ。