マタドールの日記

その時に思ってる事を自由に書いています。主に『旅行記』、『料理・グルメ』、『Apple製品・スマホ等のデジタル関連』、『ゲーム』、『ゴルフ』関連の事を書いていくつもりです!

神ゲー!『龍が如く7』レビュー ドラクエ好きには最高です。 

こんにちは、マタドールです。

 

かなり久々の更新です。

 

毎回書こう書こうと思っていてなかなか書けませんでした・・・

 

さて、今回はゲームネタです。

 

f:id:matador10:20200320160553j:plain


タイトルにもある通り、「龍が如く7」です。

 

もうすでにクリアしましたが、久々に超面白くてはまったので紹介します。

 

「龍が如く」とは?

「大人向けのエンタテインメント作品」というコンセプトの元、2005年に誕生したドラマティックアクションゲーム。

「伝説の極道」桐生一馬を主人公として、愛、人情、裏切り・・・

巨大繁華街に生きる熱き男たちの生き様を描いた作品です。

※公式サイト参照

 

簡単に言えば実在する街(新宿歌舞伎町 ※作中では 神室町)を舞台にしたオープンワールドです。

 

「龍が如く7」は今までとは全く違うゲーム!?

今回から主人公が「桐生一馬」から「春日一番」に変わりました。

ファンにとってこれはかなりの衝撃だったんではないでしょうか?

更に今までのシリーズはアクション要素が強かったですが、今回は完全にRPGです。

戦闘もコマンド式です。

色々な箇所にドラクエの要素が入っているので、ドラクエ好きなら絶対にはまると思います。

 

ただここまで大幅に変化があったため、往年の龍が如くファンからは結構叩かれたようです。

僕も最初体験版をやった時に、こんなの龍が如くじゃない!!と思い、すぐにやめたくらいです。

 

その後製品版が発売され、何となく期待せずに買ったんですが、これがまさかのおおはまり!!

めちゃくちゃ面白くてあっという間にクリアまで行きました。

 

「龍が如く7」の良かったところ

・コマンド式のバトルシステム

今までのアクションでも良いのですが、個人的には昔ながらのコマンド式バトルが好きなので、はまった要因の中でも大きいです。

 

・転職要素

ドラクエでいう所謂「勇者」「魔法使い」のようなものです。

「ホームレス」「キャバ嬢」「機動隊員」等様々な職業に転職できます。

しかも転職するにはハローワークに行くという、なんとも現実的な感じも面白かったです。

 

・ストーリー

龍が如くシリーズのファンが数多くいるのは、やはりストーリーの秀逸さではないでしょうか。

今回も最高に良いストーリーでした。

内容は是非ご自身で確認して頂きたいです。

 

まとめ

今までの龍が如くシリーズが好きで、今回は迷っている方は多いと思います。

ドラクエ系のRPGが好きなら絶対買いだと思います。

システムはドラクエ、世界観は龍が如くといった感じですので。

いつもながらやりこみ要素もたくさんありますので、長く遊べる一本だと思います。

 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。